• このエントリーをはてなブックマークに追加

通信教育でも取得できる 精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、厚生労働省が所管する国家資格で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」として働くために必要な資格です。精神の障害、心の病を抱えた人の社会復帰をサポートするための、相談や助言、訓練などを中心におこなう仕事です。高ストレス社会といわれ、心の問題を抱える人が増えているといわれている時代に、専門的な知識を持って、医療、保健、福祉にまたがる領域の調整を図る役割を担っています。それぞれの対象者が安心した日常生活を営めるように、個々のケースに対応した適切な支援をおこないます。 勤務先としては、精神科のクリニックをはじめとする医療機関や、グループホーム、自立支援事業といった生活支援サービス施設、保健所や福祉事務所といった福祉行政機関などがあり、多岐にわたります。

精神保健福祉士の受験資格とは?

精神保健福祉士の受験資格には、何通りかあります。 まず、保健福祉系大学や専門学校を卒業した場合、4年制ならそのまま受験することができます。また、3年制なら卒業して1年以上の実務経験が、2年制では卒業後2年以上の実務経験が必要となります。 次に福祉系の大学や専門学校を卒業した場合、保健福祉系の卒業者に加えて半年以上、短期養成施設等で講習を受けることが必要となります。また、すでに社会福祉士の資格を持っている場合も半年の講習で受験することができます。 一般の大学や専門学校を卒業した場合には、養成施設での受講期間は1年以上となります。また、高卒資格でも、4年以上の実務経験と、1年以上の講習で受験することができます。 実務経験とは、厚生労働省が定める指定施設で、相談支援業務をおこなうことです。

マイペースで学べる通信教育で養成講座を受講する

卒業だけでは受験資格に満たない大学や専門学校を卒業した後、国家試験を受けるための養成講座は、大学や専門学校などがさまざまな形で実施しています。昼間、夜間の通学講座もありますが、通信講座が数多く設けられています。そのため、働きながら受講している人も少なくありません。 通信講座のメリットは、自宅学習が中心なので自分のペースで学ぶことができることです。ただし、指定されたスクーリングには必ず出席することが求められます。また、必要な場合には、指定の施設での相談実務実習をおこなわなくてはならないこともあります。 養成施設によっては、資格に必要な講座だけではなく、国家試験の受験対策の集中講座などを設けているところもあり、合格に向けてのサポートをおこなっています。

ピックアップ記事

通信教育でも取得できる 精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、厚生労働省が所管する国家資格で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」として働くために必要な資格です。精神の障害、心の病を抱えた人の社会復帰をサポートするための、相談や助言、訓練など...