• このエントリーをはてなブックマークに追加

精神保健福祉士の通信課程で学びケースワーカーとして働く

精神保健福祉士とは、精神に障害を抱えている人のサポートを行う職業のことをいいます。同じような福祉のサポートをする職業に社会福祉士があります。社会福祉士が高齢者や児童、障害者など幅広い人を対象にしているのに対して、精神障害者に特化したサポートを行うのが特徴です。主に総合病院の精神科や心療内科、民間のクリニックなどで活躍しています。また、行政機関の福祉施設や民間の福祉施設でケースワーカーとして働く場合もあります。ストレスの多い現代社会では精神疾患を患う人が増えており、そのニーズは年々高まっています。ケースワーカーとして働くには、精神医療分野や福祉分野の幅広い知識が必要です。精神障害者の抱える問題に向き合い、その人に合わせた適切なサポートを行います。

どういった仕事内容なのかを知りたい

精神保健福祉士の仕事内容は、精神障害を抱える人やその家族の相談を受けて、社会復帰するためのライフプランを立てたり、生活のアドバイスをすることなどです。精神科のクリニックに入院する際の事務手続きのサポートなども行っています。また、行政機関や福祉施設、サービス事業者などとの調整を行うのも重要な仕事の1つです。主に統合失調症や認知症、アスペルガー症候群といった精神に障害のある人を対象としています。精神障害を抱える人の中には対処が難しい人もおり、社会復帰するまで長い道のりが必要となる場合も多くあります。患者の心に寄り添ってトータル的なサポートを行う必要があるため、誠実さや高い倫理観、細かい部分のニーズを適切に把握する繊細さといった能力が求められます。

資格を取得するためにはどうしたらいいのか

精神保健福祉士は厚生労働省が管轄している国家資格なので、資格を取得するためには国家試験を受験して合格する必要があります。国家試験の受験には受験資格が必要になります。福祉系の大学を卒業したり、福祉系の短大などを卒業後に実務経験を積んだり、高校を卒業してから実務経験を積み、養成講座で必要なカリキュラムを履修する方法などがあります。養成講座は一般的に専門学校で開催されており、一般養成講座と短期養成講座があります。通学課程もありますし、通信課程もあります。通信課程の場合には、昼間通学する必要がないので働いている人でも利用することができます。そのため20代といった若い世代の人だけではなく、30代や40代で受験する人も多くいます。幅広い年代の人が受験することができます。

ピックアップ記事

通信教育でも取得できる 精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、厚生労働省が所管する国家資格で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」として働くために必要な資格です。精神の障害、心の病を抱えた人の社会復帰をサポートするための、相談や助言、訓練など...