• このエントリーをはてなブックマークに追加

精神保健福祉士の就職先は企業などもあり、通信教育でも取れます

社会福祉士が、福祉に関するサービスの方面で働くのに対し、精神障害者に関わるサービスを提供する際に活躍します。名称独占資格なので、資格を持っていなくても働くことができますが、就職に有利だったり、自分に自信を持ちながら仕事をすることができます。相手側も、有資格者の方が安心するということがあり、なるべくなら持っておきたいものです。就職場所には精神病院をはじめ、保健所や自治体、矯正施設などがあります。主な仕事は、人々の精神状態を安定させることですが、企業や学校でカウンセラーとして活躍することもできます。現代はストレス社会なので、人々のストレスを軽減できるよう努めることが、社会全体を良くすることにつながります。病院内にとどまらず、心の拠りところとして活躍してほしいものです。

精神保健福祉士になるための様々な勉強方法と国家試験

精神保健福祉師は国家資格です。大学や短大で必要な科目を履修します。職務経験が必要な場合あるので確認しておきましょう。その後、年1回行われる国家試験を受験できます。17科目の筆記試験があるので合格ライン目指して勉強をしておきましょう。学校に通うほか、通信教育でも資格取得が可能です。レポートを作成し添削してもらう、という勉強方法で資格取得を目指すわけですが、自分で時間配分など考えなければならないので、しっかりと自己管理ができる方におすすめな方法です。夜間授業でも取得ができ、社会人で仕事をしながらでも勉強できるメリットがあります。分からないことは忘れてしまわないように、その都度メモしておくといいでしょう。通学する場合と通信教育では、授業料が異なる場合があるので確認しておきましょう。

精神障害者と地域をつなげる掛橋

精神病院に入院する際には、特に慎重に行わなければなりません。入院には任意入院、措置入院、応急入院、医療保護入院があります。人権を守りながら入院サポートを行うことは、精神保健福祉士の大事な仕事です。試験の合格率は6割ほどなので、それほど難しいというわけではなさそうです。しかし試験に合格しても、その職業に向いているかどうかがポイントとなります。精神障害者の方とも分け隔てなく接することができる人、人の気持ちが理解できる人、思いやりのある人が向いている職業だとも言えます。一人だけをサポートするのではなく、その人を巻き込んだ人間関係を作っていくことが重要です。地域とも協力して支援していける体制づくりをすることも大切です。精神障害がある方も安心して楽しく生活ができる未来になるよう、これからも活躍が期待されています。

ピックアップ記事

通信教育でも取得できる 精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、厚生労働省が所管する国家資格で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」として働くために必要な資格です。精神の障害、心の病を抱えた人の社会復帰をサポートするための、相談や助言、訓練など...