• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニーズが高まっている精神保健福祉士になるため通信課程で学びましょう

精神保健福祉士の仕事は、生活のしづらさを抱えた精神障碍者や心の病を抱えた人々の、治療や生活の相談に応じて具体的に住む場所や、仕事の確保、日中活動の場を提供することで病気の回復ばかりでなく、ごく当たり前な暮らしを支援することです。 重い精神科の病気にかかってしまったことにより精神科病院に入院していたり、退院しても再入院したり、仕事が長続きできなかったり偏見や差別に日々苦しんでいる方も中にはいらっしゃいます。社会人としての普通の社会生活を送るためには、援助が必要な方もいます。心の病は誰もがかかる可能性があります。最近ではストレスに起因するいわゆる神経症を含めた精神科の患者は、大変に多くなっています。

心の健康問題を解決する人のニーズが高まっている

医療機関を訪れていない社会的に引きこもってしまっている方や、高齢者の認知症も増えています。近年、心の健康問題は、本当に深刻になってきています。そのため精神保健福祉士のニーズも、社会全体として高まってきているのです。 私たちの周りには好きな人や嫌いな人、馬が合うタイプや苦手なタイプなどいろいろな人が周りにいます。ですが、人を外見だけで評価しないことや、その人の人格全体を尊重する見方を確立することが、とても重要です。社会福祉を学ぶ人に限りませんが、人権感覚は必要とされるものですので、日頃から、どんな人にも分け隔てなく対応できるようにしておくといいでしょう。

通信課程で専門知識を学びましょう

精神保健福祉士のニーズの高まりから、国家資格を取る人も多くなってきています。この資格の受験資格は、4年制大学で指定科目を学んだ人や、短期大学で指定科目を修め、卒業して2年以上実務経験をした人。短期養成施設や一般の養成施設で学んで卒業した人などが、この試験を受けることが可能になっています。 一般の企業で勤務をしながら、この資格の受験資格を得ることも可能です。その場合は、通信課程を持っている専門学校で勉強するのがベストと言えるでしょう。通学をする必要がなく、昼間は勤務をしながらマイペースで学習をすることが可能になっています。この資格を取って転職したいと思っている人にとっては、通信課程がある養成学校で専門知識を学んでいくことで自分のペースにあった、また内容の濃い専門知識を学ぶことが可能になっています。

ピックアップ記事

通信教育でも取得できる 精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、厚生労働省が所管する国家資格で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」として働くために必要な資格です。精神の障害、心の病を抱えた人の社会復帰をサポートするための、相談や助言、訓練など...