• このエントリーをはてなブックマークに追加

通信教育を受けて精神保健福祉士になるには

通信教育を受けて精神保健福祉士になるには、その学校の所定の課程を完了させる必要があります。それを終わらせて、国家試験に合格すれば、この資格を取ることができます。精神保健福祉士になるには、勉強と試験合格の2つが大切です。勉強は学校に行って毎日コツコツすれば、どんな人でもできます。ただし、怠けないで勉強を続けなければなりません。このタイプの課程では、テキスト学習の他にスクーリングもあります。それに参加しないと、国家試験を受ける資格はもらえないので、注意しましょう。本番の試験に合格するのは容易ではありませんが、しっかり準備をしていれば、自信を持って試験を受けられるようになります。大切なことは、基礎的な知識を身に付けて、その後は過去問を繰り返し演習することです。

勉強がしやすい学校を選ぶようにする

精神保健福祉士になるには、まずテキストの勉強が大切になります。このタイプの勉強は独学が中心になるので、毎日家で勉強しましょう。テキストを読んでその中に書いてあることを、頭の中に入れるようにします。ただし、分からないことも出てくるでしょう。そんな時は、先生に質問しなければなりません。学校に行って直接聞くのが良いのですが、忙しい時はそれが難しいこともあるでしょう。ネットで質問ができる学校を選びましょう。E-ラーニングという方式を取り入れた通信制だったら、自分の家でパソコンを使って勉強をできるようになります。具体的にはパソコンで授業を聞くことができます。それから先ほど書いたように、ネットを使って先生に質問できます。質問はいつでもできるので、疑問点をたずねやすいです。

会社で働きながら資格の取得ができる

この資格を取るには、集中して勉強するのが好ましいです。試験に出る範囲が広いので、時間をかけて準備をしなければなりません。朝から学校に通うのが良いのですが、会社で働いていたらそれは不可能です。通信制の学校だったら、勉強と仕事の両立は可能になります。テキストの勉強は、自分の家でできます。最近はネットを使って授業を受けられるので、自宅での勉強はしやすくなりました。テキスト学習だけではなく、スクーリングにも参加しなければなりません。この点は、働いている人にとってややハードルが高くなります。しかし、スクーリングは週末に開かれることが多いので、働いている人も無理なく参加できます。ただし、地方に住んでいたらスクーリングのある会場まで、出てこなければなりません。

ピックアップ記事

通信教育でも取得できる 精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、厚生労働省が所管する国家資格で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」として働くために必要な資格です。精神の障害、心の病を抱えた人の社会復帰をサポートするための、相談や助言、訓練など...